豊胸手術で実際に起きてしまった事故

バストアップ方法【口コミレビューブログ(°Д°)!】

豊胸手術で実際に起きてしまった事故

豊胸手術はちっぱいの最後の砦みたいに思われていますが、手術となると一線を越えてしまう感があって拒否反応を示す方も多いと思うんです。

この間、ユイのブログを読んだという方から、「サプリで頑張ってみるか?手っ取り早く豊胸手術するかで悩んでいます。」といったメールが来ていて、すごく戸惑いました(;´・ω・)

本当にユイのブログを読んでいる方なら、ユイがサプリや豊胸手術を推奨していないことは知っているはずだし、こんなメールは送ってこないと思うからです。

ユイがサプリをお勧めしない理由は以下から読んでみてください。

≫プエラリア・ミリフィカによる健康被害の実態Σ(っ゚Д゚;)っ

今日は、上で紹介したような軽はずみなメールが届かないよう、ここでもう一度、豊胸手術がいかに危険なものであるか?を理解していただくために、過去に起きた事故の事例や原因をお話ししたいと思います。

「豊胸手術が危険なものととらえるのは行き過ぎじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、大事になってからでは遅いですよね。

「人生一発逆転」をかけて豊胸手術を決断し、結果、人生を棒に振ってしまった女性をユイはたくさん知っています。

豊胸手術に少しでも興味を持っている方は、一生を台無しにする前に必要な情報を収集して、現実的な判断ができるようになってくださいね。

医療事故が起こってしまう最大の原因とは?

豊胸手術に限らず、医療事故で一番多いのは、麻酔のミスによるものです。

麻酔の量が適切でなかったために、容態が急変して大事故につながるというケースが多いのです。

去年、豊胸手術を受けていた30代の女性が死亡するという事故が起きましたよね。

あれは執刀医が手術と麻酔の両方を担当していたことによる管理ミスだと言われています。

麻酔科医がいなかったということですね。

手術に夢中になっていたら、容態が急変したことに気づかなかったそうです。

その結果、急性麻酔中毒で亡くなってしまいました。

同じような事例で、シリコンバッグ挿入手術のため、局所麻酔した女性が痙攣を起こして心肺停止となり死亡したという情報もあります。

こういったケースはほとんどの場合、手術の日に麻酔科医がいないのです。

その理由は、麻酔科医を雇うと人件費が非常に高くなるからです。

病院側の利益を少しでも確保するために、麻酔科医の費用を出し惜しむケースが多いみたいなんですね。

今はほとんどの美容外科クリニックは、テレビCMやインターネットの宣伝費にたくさんのお金を使っていて、その分の資金繰りが厳しいと言われています。

一番大事な麻酔科医の確保は後回しになっていて、広告宣伝費に大量のお金を使っているということです。

ですから、こういった実態の中で美容手術に踏み切ることは、それなりのリスクを背負ってしまうことを知っておくべきでしょう。

そういったいい加減な医師は何件も医療事故を起こしていますので。

切開位置を間違えられた!!

麻酔のミスによる医療事故の他にも、リクエスト内容と違うことをされた、といった事故も多いです。

例えば、既に生理食塩水バッグが挿入されている女性が脂肪注入を希望して、「生理食塩水バッグの上からさらに脂肪を加える手術を希望」していたのにも関わらず、実際に行われた手術は、生理食塩水バッグを抜去した後に脂肪を加えてしまった、とか。

もっと怖いのは「シリコンバッグを挿入するための切開位置を間違えられた!」といったケースです。

普通、シリコンバッグ豊胸って脇の下の目立たない場所、しかも脇の下のシワに沿って切開するものですが、実際には乳房寄りの目立つ場所まで切開されてしまったという怖い事例がたくさんあります。

こういった場合、再診察に応じない不誠実なドクターも多いようですね。

豊胸手術に成功した数少ない事例だけを大々的に宣伝して、残りの失敗した多くの人たちは無かったことになっているという…。

本当に豊胸手術の闇は深いです。

豊胸手術を検討されている方は、事前の情報収集でしっかりと知識武装して、不安な点は医師に質問しまくって本当に納得したうえで決めるようにしてほしいですね。

それでもハイリスクではあるのですが…。

そういえば、数年前に脂肪注入の豊胸術を体験した方からメールいただいたことがあるのですが、その方は、麻酔中毒で精神的被害にあったことを告白してくださいました。

手術後、しばらくは嘔吐を繰り返したり、幻覚を見るようになったり、最終的には全身痙攣を起こして救急車で運ばれるといった事態になってしまったようです。

そのせいで、知られたくない家族や友人にも豊胸したことがばれてしまい、今でも自殺を考えているとおっしゃってました。

結局、大きくしたはずのバストも1年で元のサイズに戻ってしまったそうなんです。

豊胸手術を受けた結果、失うものはたくさんあっても得るものはなかったということなんですね…。

「バストアップ」と「命と健康」だったら、大切なのはどちらですか?

一線を越えようとしてる方はもう一度、この2つに向き合ってみてくださいね。

冒頭でお話しした「一発逆転」のメンタリティは本当に危険です。

なんの努力もせずに「一発」で逆転するぞ!「一瞬」で逆転するぞ!なんてメンタリティで生きていると、いずれ人生を棒に振る可能性が高いです。

逆に、「継続は力なり」のメンタリティーで生きている人は、そのうち大成する可能性が高いです。

ユイがいつも「バストケアは継続が大事だよ!」といっている理由は、こういったところにもあります(*^^*)

 

ヒラクアップに無料でオリジナル企画を付けてますよ(*´∨`*)

 

メルマガでも期間限定でユイの特典大放出中です(*´∨`*)

ユイの裏メルマガ
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪

 

この記事に関連する記事一覧

◎自己紹介

ブログ管理人:ゆい


バストアップのリアル体験談や
具体的なアドバイス盛りだくさん
のユイのバストアップブログ。

単にバストアップしただけの
人とはわけが違いますよ^^

(読者さんも続々と成功中♪)


まずはこちらを読んでみて下さい

ユイの育乳奮闘記!

ユイの読者さんの声

 

当ブログメディア掲載実績

anan1028

【anan10月24日発売号】

anan美乳特集号にて、ユイが
お勧めするバストアップ商品と
インタビューが掲載されました。

 

classy1128

【CLASSY.11月28日発売号】

CLASSY.女子力アップ企画にて、唯一信頼できる育乳ブロガーと
高い評価を頂きました。

 

hers0212

【HERS 2月12日発売号】

マエノリさん表紙のハーズに
40~50代女性読者にHOTな
ブログとして特集されました。

 

バストアップ教材の口コミ
話題の人気記事BEST5
バストアップ教材の選び方

l1

 

買って激しく後悔
(`Д´)カッテシマッタ

絶対ダメ~!!バストアップ教材一覧はこちらから

 

買っても大丈夫?
(´∀`;)アララ

買っても微妙なバストアップ教材一覧はこちらから

 

買って大正解よ!
(*´∀`*)ウレシイ

買って後悔しない!おすすめバストアップ教材一覧♪