育乳&ダイエットの両立にとろろ昆布って効果あるの?

バストアップ方法【口コミレビューブログ(°Д°)!】

育乳&ダイエットの両立にとろろ昆布って効果あるの?

 

本日は、育乳食材の1つを

ご紹介します(*^-^*)

 

それは・・・、

 

「とろろ昆布」です☆

 

 

とろろ昆布のおにぎりがいいよ!などは

過去にブログで書いていました。

 

この知る人ぞ知るバストアップ食材ですが。

 

 

実は、とろろ昆布には

胸を大きくする成分が含まれているだけでなく、

美容効果やダイエットにも良いんですね。

 

そんなヘルシー食材について

ちょっと深堀りしていきましょう☆

 

 

 

とろろ昆布はボロンが含まれている

 

まず、とろろ昆布が

なぜバストアップ効果があるかというと、

女性ホルモンを活性化させる「ボロン」の成分が

含まれているからなんですね。

 

「バストアップ効果のある食材」というのは、

「女性ホルモンを活性化させる食材」と

同じ意味だと思ってください。

 

 

そして、その女性ホルモンを活性化させる栄養素は

基本的に2つしかなくて、それが、

・大豆イソフラボン

・ボロン

になります。

 

 

大豆イソフラボンというのは大豆製品に含まれていますね。

例えば、豆腐や豆乳、納豆などは育乳食材の代名詞です。

 

この大豆イソフラボンを摂取することで、

体内で女性ホルモンであるエストロゲンと似た成分に変化します。

これは女性ホルモンが増えたのと同じ状態なんですね。

 

 

一方で、ボロンはエストロゲン自体を活性化させます。

 

ボロンを摂取することで体内でエストロゲンの分泌を促し

女性ホルモンを活性化させるのです。

 

 

このように、

・大豆イソフラボン⇒エストロゲンに似た成分を増やす

・ボロン⇒エストロゲン自体を増やす

といった違いがあります。

 

 

でも、こう書くと、

「大豆イソフラボンとボロンはどちらを摂取すればいいの!?」

と疑問に思う読者さんも中にはいるかもしれませんが・・。

 

既に、ユイと育乳に取り組まれている読者さんは

当たり前のように理解していると思います。

 

 

答えは、どちらも摂る!!

です。

 

 

やはり、魅力的にバストアップするには、

大豆イソフラボンとボロンの両方の栄養素が

満たされていることが乳腺を発達させるカギになりますし、

さらに良質なたんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラルなど

これらをバランス良く食べることがコツなんです。

 

 

バストアップは総合力です。

 

何事も“偏る”ことはバスト成長を阻害しますので、

全体的なバランスを見て育乳に取り組むことが大切です。

 

 

 

とろろ昆布はダイエット効果&健康効果もある

 

tororokonbu4

 

とろろ昆布は、女性ホルモンを増やすだけでなく、

ダイエットにも効果的な成分が含まれています。

 

それがアルギン酸とフコダインです。

 

どちらも海藻類のぬめりの元になっている成分です。

 

血糖値の上昇を防いで、コレステロールや

中性脂肪を抑制する作用があります。

 

 

特に、アルギン酸には余分なナトリウムを

体外に排出させる働きがあるため美肌効果も◎

肌細胞が活性化されて素肌力もアップするんです♪

 

 

さらに、とろろ昆布は食物繊維が豊富なので

便秘解消効果もアップします☆

 

元々、昆布をうすく削って作られているので

栄養の吸収効率が優れていて、消化にも良いのです。

 

何よりもバストアップ食材なので、

ダイエットによる胸痩せを防ぐ効果もありますしね(#^^#)

 

 

昆布やわかめ、ひじきといった海藻類には

ボロンがたっぷり含まれている食材なので

積極的に摂っていきたいです♪

 

 

 

ボロンの唯一の欠点は?

 

ただ、1つ難点としては、熱を加えると

ボロンの栄養は一部失われてしまうことです(>_<)

 

これは以前からご紹介していますね。

 

キャベツや桃にもボロンは含まれていますが、

ボロンが含まれるものは全て生のまま食べるのが

バストアップには効果的です。

 

 

とろろ昆布は簡単なお吸い物や

うどんに入れるのに最適なのですが、

バストアップ的には微妙ですね(;^ω^)

 

ただ、熱処理してもボロンの成分が

全て分解されるわけではないので

温かいお料理でもボロンは摂取できると思いますよ(^^)/

 

 

一都三県にお住まいの方は、

おむすび権米衛のお味噌汁もオススメ☆

 

とろろ昆布がたっぷり入っていて、

他にも水菜や岩のり入りで栄養バランスも◎

 

おむすび権米衛は駅前にあることが多くて

忙しい時でもササっと買って食べられるので

ユイはよく利用していたりします(*^-^*)

 

 

 

育乳に効く!とろろ昆布レシピ☆(熱処理しないもの)

 

ボロンを壊さずに、他のバストアップ食と

うまく組み合わせることが可能なメニューは?

 

ということで、ボロンの成分を100%活かすための

バストアップレシピをいくつかご紹介しますね。

 

 

・とろろ昆布とポン酢の冷奴

 

tororokonbu2

 

・豆腐(絹豆腐がオススメ)…100g

・とろろ昆布…一つかみ

・ポン酢…大1

 

豆腐にとろろ昆布をのせるだけの超カンタンレシピ☆

醤油やポン酢などお好みで食べてみてください。

 

 

・とろろ昆布とキャベツのもみ和え

 

tororokonbu3

 

・キャベツ…4枚

・とろろ昆布…一つかみ

・白ごま…少々

・めんつゆ

 

キャベツは一口サイズにざく切りして、

とろろ昆布は1cm幅に切ります。

 

ビニール袋にキャベツ、とろろ昆布を入れて、

めんつゆを振りかけてビニールの空気を抜いて、

口をねじり、まぜまぜして味をなじませます。

器に盛り付けたら、最後に白ごまをかけて出来上がり。

 

 

ボロンは、一日3mgほど摂取できていれば十分です。

 

 

このボロンの一日の摂取量である3mgってどのくらいなの?

ってイメージしにくいと思いますが、

 

例えば、

キャベツでいうと1玉になります。

アーモンドでいうと100gになります。

とろろ昆布でいうと30gになります。

 

 

どちらもボロンが含まれる食材として有名ですが、

キャベツ1玉を毎日食べるのはしんどいですよね。

 

またアーモンドを100gとなると、

単純計算してカロリーを570kcalも

摂取してしまうことになります。

 

これはダイエットしている人には

由々しき事態ですよね(>_<)

 

 

その点、とろろ昆布であれば30gで36kcalなので、

カロリーを摂りすぎる心配もないですし、

食事の量も抑えることができます

 

育乳&ダイエットに集中したい人なら、

この合理的なバストアップメニューで

効果的に体質改善していく方法もお勧めですよ(*^-^*)

 

 

ユイの裏メルマガ
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪

 

この記事に関連する記事一覧

◎自己紹介

ブログ管理人:ゆい


バストアップのリアル体験談や
具体的なアドバイス盛りだくさん
のユイのバストアップブログ。

単にバストアップしただけの
人とはわけが違いますよ^^

(読者さんも続々と成功中♪)


まずはこちらを読んでみて下さい

ユイの育乳奮闘記!

ユイの読者さんの声

 

当ブログメディア掲載実績

anan1028

【anan10月24日発売号】

anan美乳特集号にて、ユイが
お勧めするバストアップ商品と
インタビューが掲載されました。

 

classy1128

【CLASSY.11月28日発売号】

CLASSY.女子力アップ企画にて、唯一信頼できる育乳ブロガーと
高い評価を頂きました。

 

hers0212

【HERS 2月12日発売号】

マエノリさん表紙のハーズに
40~50代女性読者にHOTな
ブログとして特集されました。

 

バストアップ教材の口コミ
話題の人気記事BEST5
バストアップ教材の選び方

l1

 

買って激しく後悔
(`Д´)カッテシマッタ

絶対ダメ~!!バストアップ教材一覧はこちらから

 

買っても大丈夫?
(´∀`;)アララ

買っても微妙なバストアップ教材一覧はこちらから

 

買って大正解よ!
(*´∀`*)ウレシイ

買って後悔しない!おすすめバストアップ教材一覧♪