乳腺質バストと脂肪質バストから見る下垂改善法

バストアップ方法【口コミレビューブログ(°Д°)!】

乳腺質バストと脂肪質バストから見る下垂改善法

 

最近、バストの下垂改善方法について

聞かれることが多くなってきました。

 

バストが垂れる原因については

過去の記事でもまとめていますが、

ここで復習の意味も込めて書いていくので

「日ごろのバストケアに抜けがないか?」

チェックしてみてくださいね(#^^#)

 

 

まずバストが下垂する原因を説明する前に、

乳腺と脂肪の割合について書きます。

 

私たちのバストは、乳腺を守るようにして付いている

皮下脂肪によって作られていますね。

 

そんな私たちのバストは皆同じようで、

実は中身の割合が少し異なります。

 

 

 

乳腺質バストと脂肪質バスト

 

バストの質というのは大きく2種類あり、

乳腺質バストと脂肪質バストに分かれます。

 

乳腺質バストの特徴は、張りがあって

乳房の手触りが硬く、垂れにくいところです。

 

乳腺に対して脂肪の割合が少なめ。

 

乳腺葉が多く詰まっているので、

その分、バストも大きく張りがあります。

 

欧米人の迫力ある美巨乳おっぱいを想像してほしいのですが、

ああいったロケットおっぱい型(円錐形)のバストは

「乳腺質バスト」に分類されます。

 

 

一方で、脂肪質バストは乳房が柔らかく

重力の影響で垂れやすいです。

 

触り心地が柔らかいのは1つの魅力ですが、

バストの形が崩れやすいのは大きなデメリットですね(>_<)

 

アジア人の8割以上は脂肪質バストと言われているので

特に、日本人である私たちはバストの下垂については

気をつけないといけません(>_<)

 

 

 

バストの下垂を予防・改善するポイント

 

ではバストはなぜ垂れてしまうのか?

 

バストの脂肪が垂れたり流れたりするのは

2つの原因があります。

 

 

1つ目は、筋肉量の低下

 

バストの土台となっているのが大胸筋です。

 

大胸筋はクーパーじん帯というコラーゲンの組織で

つながれています。

 

バストを支えている大胸筋や小胸筋の筋力が低下すると

胸の垂れやお肉が流れやすくなってしまいます。

 

yasegata944

 

「私はまだ若いから大丈夫!」と思っている方、

身体の中では老化が始まっているかもしれませんよ~(>_<)

 

筋力というのは、低下し始める年齢から

きちんとケアしていくことが大切なんです!

 

大胸筋や小胸筋を同時に鍛えるために有効なのが

腕立て伏せです(#^^#)

 

腕立て伏せのやり方は以下の記事も参考にしてください。

⇒バストケア「腕立て伏せ」で意識すること

 

 

大胸筋や小胸筋というのは言わば

「バストの土台」です。

 

家を建てるときと同じで、

家の土台がしっかりしていないと

家を建ててもグラグラしてしまい

欠陥住宅になってしまいますよね(>_<)

 

大胸筋や小胸筋を日ごろからケアしていないと、

いくら胸が大きくなろうが垂れたり、

お肉が流れやすくなってしまいます。

 

 

2つ目は、クーパーじん帯です。

 

クーパーじん帯は大胸筋とつながっていて

バストを引っ張り上げている紐みたいなものです。

 

raguna21

 

このじん帯はコラーゲンの成分でできていて

これもバストを支えるためにとても重要なものです。

 

このクーパーじん帯はちょっとした刺激で

伸びたり、切れてしまったりしてしまいます。

 

大胸筋と違って鍛えることができないので

日ごろからブラでしっかり支えてあげないと

いけないんですね。

 

 

特に、クーパーじん帯は運動での揺れに弱いので

身体を動かすときはスポーツブラで

しっかりバスト自体を支えてあげる必要があります。

 

もちろん、あなたのバストをしっかり支えてくれる

ジャストフィットのブラジャーも大切ですよ(#^^#)

 

サイズの合わないブラは、脂肪が流れやすく

クーパーじん帯に負担をかけます(>_<)

 

 

 

乳腺量を増やすために姿勢を改善しよう!

 

大胸筋やクーパーじん帯のケアは

物理的なバストの保護に重要なものですが、

バストの下垂を予防するためには

乳腺量を増やすことも大切です。

 

 

最初に説明したバストの2つの質、

乳腺質バストと脂肪質バストは生まれもったものなので、

ケアによって脂肪質バストから乳腺質バストに

変えることはできません。

 

できませんが、脂肪質バストに効果的なケアを行いつつ、

乳腺量を増やすことは十分可能です(#^^#)

 

 

乳腺量を増やすためには

女性ホルモンを活性化することが必要不可欠ですが、

そのためには日ごろからのバストケアと生活習慣がカギになりますね。

 

 

例えば、姿勢を良くすることも血流の流れがよくなるので

女性ホルモンが活性化して乳腺量を増やすことにもつながりますが、

同時にバストの下垂を予防することにもなります

 

kokyuuhou2

 

普段から猫背の状態が続くと、

背中からバストにかけての血液循環が悪くなってしまい

バストのサイズダウンにつながったり、

バストに張りがなくなって下垂の原因にもなります。

 

なので日ごろから良い姿勢を保とうと心がけてみてください。

 

 

正しい姿勢は血流の流れを良くして

健康美容に様々な好循環をもたらしてくれますし、

内臓も正しい位置に戻って痩せやすい体にもなります( *´艸`)

 

 

 

乳腺量を増やすための食事法は?

 

先ほども書きましたが、乳腺量を増やすためには

女性ホルモンの分泌を増やすことが大切です。

 

特に、バストアップに関係しているのは

女性ホルモンであるエストロゲンです

 

エストロゲンというのは、乳腺細胞の細胞膜にある

エストロゲン受容体と反応して乳腺を増やしてくれるので

その働きの元となるイソフラボンが必要不可欠。

 

 

これはユイがいつも書いていますが、

イソフラボンを多く摂取するためには

大豆製品やボロンという成分ですね(#^.^#)

 

 

大豆製品は、主に、納豆や豆腐、きなこ、豆乳から

多く摂ることができます。

 

ボロンはキャベツやナッツ系から摂れますし、

昆布やワカメ、ひじきなどの海藻系、

リンゴやブドウ、梨などの果物からも摂れます♪

 

こういったものを主食にしながら、

良質なたんぱく質を多く含む鶏肉や乳製品なども

積極的に食べていって、バストに良い栄養を蓄えていきましょう( *´艸`)

 

 

こういったことをきちんとこなしながら

ヒラクアップなどの本格的なバストケアをこなしていけば、

バストはみるみる成長していきますよ☆

 

バストの下垂を予防しながら張りのある大きなバストに

育てていってくださいね(*'ω'*)

 

ヒラクアップに無料でオリジナル企画を付けてますよ(*´∨`*)

 

メルマガでも期間限定でユイの特典大放出中です(*´∨`*)

ユイの裏メルマガ
  ↑ブログじゃ絶対に書かない育乳の話を裏メルマガで書いてますよ♪

 

この記事に関連する記事一覧

◎自己紹介

ブログ管理人:ゆい


バストアップのリアル体験談や
具体的なアドバイス盛りだくさん
のユイのバストアップブログ。

単にバストアップしただけの
人とはわけが違いますよ^^

(読者さんも続々と成功中♪)


まずはこちらを読んでみて下さい

ユイの育乳奮闘記!

ユイの読者さんの声

 

当ブログメディア掲載実績

anan1028

【anan10月24日発売号】

anan美乳特集号にて、ユイが
お勧めするバストアップ商品と
インタビューが掲載されました。

 

classy1128

【CLASSY.11月28日発売号】

CLASSY.女子力アップ企画にて、唯一信頼できる育乳ブロガーと
高い評価を頂きました。

 

hers0212

【HERS 2月12日発売号】

マエノリさん表紙のハーズに
40~50代女性読者にHOTな
ブログとして特集されました。

 

バストアップ教材の口コミ
話題の人気記事BEST5
バストアップ教材の選び方

l1

 

買って激しく後悔
(`Д´)カッテシマッタ

絶対ダメ~!!バストアップ教材一覧はこちらから

 

買っても大丈夫?
(´∀`;)アララ

買っても微妙なバストアップ教材一覧はこちらから

 

買って大正解よ!
(*´∀`*)ウレシイ

買って後悔しない!おすすめバストアップ教材一覧♪